むち打ち症について

むち打ち症について

むち打ち症のイメージ

■みなさん、「むち打ち症」ってどんな時に起こるかご存知ですか?
一般的には、交通事故等の追突、衝突、急停車等によって頭部が激しく動くことで、頚部(首)が原因とみられる障害が発生することをいいます。

それと、意外かもしれませんが、事故以外でも、例えば器械体操や球技、ダイビングなどのスポーツ時や、頭に重い物が落ちたときの衝撃で、頭部が大きく揺さぶられることで起こることもあります。

<交通事故の場合>
衝撃パターンは大きく2種類あり、後ろから追突されるケースと前に追突するケースがあります。これに横や斜めからの衝撃が加わり、複雑な衝撃パターンを受けることにより症状も複雑化してしまいます。
 
<スポーツで受傷する場合>
転落の角度やスピード、ボールの当たる角度やスピードなど衝撃の度合いで症状の程度も異なります。

※むち打ち症は頸椎捻挫型、根症状型、バレ・リユウー型、脊髄症状型に分類されることがありますが、なによりもまずは整骨院等でしっかり見てもらうことをおすすめします。

症状について

これも意外かもしれませんが、むち打ちの症状は“首の痛み”だけではありません!!
事故直後は何ともなくても、2,3日、もしくは2,3週間して下記のような症状や違和感があれば、
それはむち打ち症の可能性があります。

【自覚症状】

・首の痛み

・顎関節の痛み ・頭痛 ・肩こり
・めまい ・目のかすみ ・ちらつき ・耳鳴り
・頸部の硬直 ・手足のしびれ ・感覚異常 ・膀胱障害
・だるさ ・倦怠感 ・吐き気 ・ふらつき感
・記憶力および集中力の低下      

【心理的症状】

・物事に過敏になる

・イライラする ・憂鬱になる

【上記以外】
整形外科的診断法により神経根圧迫テスト陽性、神経根刺激テスト陽性となっていた場合など

Point ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
むち打ち症は、放っておくと後遺症が残る可能性もあります。
特に2,3日たってから痛みが出てきたり、ちゃんと治ったのか分からないなど、少しでも不安のある方は、
一度ご相談ください。早期治療が回復への一番の近道です。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

早期治療と後遺症について

「むち打ち症」は、受傷してすぐだと、症状が無かったりたり軽い違和感がある程度だったりしますが、時間の経過とともに、首が動かせない、頭が痛い、等の重大な症状へ変化することがあります。

Point ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
1. 症状が軽くても、大丈夫と過信しない
2. 事故後はすぐに検査を受け、受傷当初からしっかりとした身体への治療を行う
この2点を意識するだけで、症状を重くせず、また長引かせないことができます。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


■現在、後遺症で苦しんでいる方へ
当院では、頸椎カラーなどは用いず、鍼灸を使用した自律神経へのアプローチにより、痛みの根源から取り除く治療を行います。今までとは異なる施術を受けることで少しでも症状を軽くすることができるのでは、と考えていますので、まずはご相談ください。
⇒すでに他の病院、治療院で治療を受けている方はこちらへ
アクセス


大きな地図で見る
■住所
東京都板橋区板橋1-14-8 DUOステージ301

■最寄駅
・JR埼京線 「板橋駅」(新宿駅より8分)
 西口より徒歩30秒
・都営三田線 「新板橋駅」
 A2、A3出口より徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら